雛人形を代々受け継ぐこと

女の子がいる家庭では、ひな祭りを意識して何かを行っているというところも多いのではないでしょうか。お店などでも、あらゆるところで雛人形が売られていてとても華やかな気持ちにもなります。女の子がいると、2月くらいから家に雛人形を飾っている家も多いと感じますが、もちろん新しく家のサイズに合ったものを購入するのはいいことでしょう。しかし、母親が使っていたものをそのまま受け継ぐということもとても素晴らしいのではないでしょうか。その母親も、雛人形を買ってもらって何年か大切に飾り、しまっていたことでしょう。それを自分の娘にもというのはとても素晴らしい受け継ぎではないでしょうか。女の子が生まれたらひな祭りという日を大切にし、自分が使っていたものを一緒に子供と飾る、というのもイベントとして意味があるのではないかと感じます。

雛人形を飾る風習とは

雛人形は古来から日本にあるもので、女の子の健やかなる成長を願って飾るものとされています。歴史も古いです。平安時代から存在をしているとも言われています。最近ではその種類も豊富になっています。昔は豪華な7段飾りがメジャーでしたが、最近ではガラスケースに入っているものが人気です。それは最近の住宅事情も関連をしているようです。昔は7段飾りを飾るだけの十分なスペースがありましたが、最近ではマンションなどの限られたスペースしかないので、雛人形もコンパクトになってきています。コンパクトにしておくことによって飾りやすくもあります。せめて三人官女ぐらいまでは置きたいという場合であっても対応をすることが出来るようになっています。親王飾りも人気が高いですし、家紋や名前を入れることも出来るようになっているので、オリジナルのものにすることもできます。

雛人形のシーズンのための道具

女の子が産まれたら昔から雛人形を購入するのが一般的です。女の子のお祭りと言われる3月3日にはほとんどの家庭が人形を飾ります。種類も様々な種類がありますが、基本形は七段飾りと呼ばれる物です。お雛様とお内裏様は勿論三人官女や五人囃子などの人形も脇を支える事になります。階段にしてぼんぼりや花飾りなどの道具類も並べるため複数の用具が存在する事になります。もともと購入時に入っていた箱が使えれば一番なのです収納スペースやサイズなどによってお届け時の箱が使えない場合もあります。そんな時に役立つのが某通販で購入できる、総桐の雛人形ケースです。1段タイプから3段タイプまであり、自宅の人形サイズや量に合わせて好きなタイプを購入できます。素材が桐なので収納に向いています。人形の劣化を防ぎ、殺虫剤を使用しなくても保存が出来る優れ物です。