雛人形の歴史や種類について

雛人形の歴史は平安時代までさかのぼり、紙やワラで作った人形で遊んでいたのが始まりとされており、そしてその後、遊び方が変化し人形に自分にふりかかる厄や災いを移して川へ流す「流し雛」へと変わり、現代では雛人形が子供にふりかかる厄や災いの身代わりになってくれる様に、お内裏様とお雛様の様に寄りそう愛の形が子供の将来に訪れる様にとの願いを込めて飾られる様になりました。雛人形の種類も様々なものがあり、代表的な飾りの七段飾りは七段の雛段に15人のひな人形を飾った豪華な見た目が特徴となっています。三段飾りは一、二段目にお内裏様とお雛様、三人官女を飾り、三段目に道具を飾った華やかでシンプルなデザインとなっています。そして親王飾りはお内裏様とお雛様だけを飾った形でシンプルな飾りは場所を取らないのが特徴となっています。

女のこの初節句には雛人形

雛人形は、女の子の節句である桃の節句に飾られる物です。華やか商品で、七段飾りが有名です。最近ではお内裏様とお雛様だけの商品が人気です。少しのスペースで飾れるというのが、売れている理由です。でも、この二つのお人形だけでも結構高い金額のつくものが多いです。少ない数のお人形ですが、一点一点手作りで行われているので、かなり高い商品になっているものが多いです。できれば、初節句の時にはあると、お祝いも華やかになります。子供の成長を祝って飾られるので、少子化が進む現代では祖父母からの贈り物になる事が多いです。そうなると、多少なりともいいものをという願いを込めて、購入されます。あまり安い商品よりも、ある程度高い商品のほうが好まれて購入されていきます。二つのお人形だけではさみしいので、三人菅女がいるくらいまであると、立派になります。

雛人形にまつわるあれこれ

三月の雛祭りと言えば、女の子のお祝いイベントです。主役となる雛人形と言えば、やはり幼少期に、祖父母などからプレゼントされるケースが多いのではないでしょうか。最近では、何段もする豪勢なものの他、お内裏様とお雛様のみという、場所をとらないものも人気です。生活や環境に合わせ、最適なものを選べるようになったのは、とても嬉しい事です。ただ、雛人形にまつわる話は色々とあり、行事として考えたときに、難しく感じてしまうこともあるかもしれません。飾った後は、すぐに片付けないと婚期が遅くなってしまうとか、一人一人に、それぞれ雛人形がなくてはいけないとか、本当なのだろうかと疑うようなものから、真実味がありそうだと感じるものまで様々です。せっかくのお祝いイベントなので、あまり気にし過ぎることなく、楽しむのが良いのではないでしょうか。

節句人形の真多呂人形の店舗は東京にありますが、通信販売でも購入できるため対象エリアは関係なく、全国で購入できるようになっています。 メリットは、30日間の無料交換サービスや50年間品質保証・無料修理サービスなど、公式webショップならではのサービスが充実している点です。 真多呂人形公式ショップなので品質は100%保証でき、万が一満足できない場合でも、返品交換が可能です。 雛人形の通販はこちら